menu

大規模修繕お見積り用語集

  • 採用情報
  • 大規模修繕工事の裏話

エポキシとは?

読み方:えぽきし

エポキシとは、合成樹脂の一種です。主剤と硬化剤の組み合わせによって、様々な特性を持つことが可能です。主な特徴としては、接着力が強く、柔軟性があってひび割れしにくく、耐熱・耐水・耐薬品・耐候性があることです。また塗った場合の透明度が高く、電気絶縁性もあり、紫外線にも強いのが特徴です。樹脂ですので撥水性も高く、様々な工事現場や工業製品、電子機器等にも使われています。
日常的に使用する場合などは、建物のエクステリアに対する錆止めとしてエポキシが使われることもあります。硬化剤を混ぜる必要のない一液タイプのものもあり、ホームセンター等でも販売されているので入手も簡単にできます。エポキシ自体は無色ですが塗料を混ぜたり、乾いた上から塗料を塗ってもその防錆性はなくなりません。毒性や引火性も低いため、素人でも容易に使うことが可能です。

エポキシ樹脂注入

エポキシ樹脂注入


大規模修繕工事との関連性

大規模修繕工事ではエポキシ樹脂で落下事故を未然に防ごう!

マンションでは大規模修繕工事を行うことで美観や寿命を保ち長く快適に住めるようにすることは大切です。しかし、忘れてはならないこととして、経年劣化による外壁や笠木の落下による事故を起こさないように未然に防ぐことがあります。そのような事態を起こさない為、大規模修繕工事では外壁や手摺壁、笠木などの浮きを見逃してはいけません。
外壁・手摺壁・笠木などの浮きは見た目にはわかりにくい箇所も多く、プロによる打診検査によって調べる必要があります。浮きの箇所が特定できたら、修繕の際にエポキシ樹脂を注入し浮きの原因となる隙間を埋めましょう。目に見えない浮きを一つひとつエポキシ樹脂で充填することが、後々の落下事故を未然に防いでくれます。
また、このような見た目ではわからない修繕箇所に関しても安心して任せられるようなプロの調査士のいる業者に依頼することが先々の安全対策のためにもなります。

お見積用語集一覧へ戻る

50音検索

50音順に用語一覧を表示します。

  • お見積り用語集
  • 採用情報

大規模修繕工事の無料診断、無料セミナー受付中。
その他、特殊工事などマンションの事ならジェイ・プルーフにご相談ください。

株式会社ジェイ・プルーフ

受付時間 平日 9:00~17:00