お見積り用語集

ガラリとは?

読み方:がらり

ガラリは外気を取り入れ、もしくは排気することを目的とした金属製の固定されたブラインドです。これは建築物の扉、窓、壁に取り付けられ、内部が見えない構造となっています。構造上、ガラリが使用される部屋は外気とほぼ同じ温度であり、また台風など風雨の強いときには雨水が侵入してくるなど半屋外的な環境となります。雨水の侵入をさせたくない場合は、それに対応したタイプの物もあります。ガラリは主に、コンプレッサーの様に給気、排熱を必要とする機器を設置した機械室に使用されます。もし、ガラリの部分に外部の粉塵の侵入を防ぐためのフィルターがある場合には定期的な清掃、管理が必要となってきます。フィルターが目詰まりをすると室内の空気は滞留、コンプレッサーは熱を排気することが出来なくなり、最終的には温度上昇により機器の停止の危険性があるからです。

四角いガラリ

四角いガラリ

ガラリ(球型)

球型のガラリ

球型のガラリ2

球型のガラリ2

円型のガラリ

円型のガラリ

大規模修繕工事とガラリの関連性

大規模修繕工事でガラリを交換する場合は、数と大きさをチェックしよう。

大規模修繕工事におけるガラリの修繕は、ガラリのタイプや劣化状況によって様々です。中性洗剤や専用洗剤によるクリーニングのみで済む場合もあれば、塗り替えを行う場合、ガラリ自体を撤去して新設する場合もあります。どのように対応するかは、施工業者などに建物診断を依頼し、タイプや劣化状況を判断してもらい提案をいただくと良いでしょう。また、ガラリの廻りにはシーリングがされていることが多く、このシーリングが劣化している場合、そこからの雨水などの侵入も考えられますのでシーリング交換が必要になる場合もあります。ガラリ自体の交換が必要な場合は、その数が合っているか?その大きさ(丸いものは円周、四角いものは縦横の長さ)が合っているかをマンション管理組合側でもチェックし、見積もりに間違いがないかを確認した方が良いでしょう。

CONTACTお問い合わせ

大規模修繕工事の無料診断、無料セミナー受付中。
その他、マンションの防水工事、特殊工事のことならジェイ・プルーフにご相談ください。

受付時間平日 9:00~17:00

0120-142-017