menu

大規模修繕お見積り用語集

  • 採用情報
  • 大規模修繕工事の裏話

EXP.Jとは?

読み方:いーえっくすぴーじぇい(えきすぱんしょんじょいんと)

EXP.Jとは、二つの建物の隙間を埋める接合材で、正式名称は「エキスパンションジョイント」といいます。

なぜ?EXP.Jが必要かというと、マンションなど大きな建物を建設する際に外壁を1枚のコンクリートで建設した場合、地震による揺れ、気温や湿度の変化など自然環境の変化に対して隙間やゆとりがないため、ひび割れなど欠損が起きやすくなるからです。外壁に隙間をつくる事により地震などによる揺れ、建物の上下左右の動きを逃がす場所になります。外壁が1枚のコンクリートに見えるマンションも、EXP.Jがあるマンションは、実際は2つの棟を建てて隙間をつくりそれをEXP.Jでつなげています。材質はアルミやステンレスが多く使用されているようです。免震建築物は免震装置により揺れを吸収して建物の被害を最小限に抑える性能があります。そこで使われるEXP.Jには当然免震機能が求められます。

EXP.J エキスパンションジョイント

EXP.J エキスパンションジョイント


大規模修繕工事との関連性

世帯数の多いマンションでは、構造的に建物が分割して建てられその間にEXP.Jは使用されています。大規模修繕工事で建物診断をおこなう場合は、このEXP.Jもしっかりチェックしてもらいましょう。大規模修繕工事は約10年に1度を目途に行われる工事です。この約10年の間に地震の揺れや環境変化による外壁の膨張や収縮がおこりEXP.Jも経年劣化をしています。EXP.Jはマンションの耐久力を高めるうえで非常に重要なパーツです。最近では、免震機能を備えたEXP.Jも増えており劣化がひどい場合は、大規模修繕工事と一緒に交換をすることをおすすめします。EXP.Jはマンションではさまざまな箇所で利用されておりますので、交換すると美観アップにもつながります。

お見積用語集一覧へ戻る

50音検索

50音順に用語一覧を表示します。

  • お見積り用語集
  • 採用情報

大規模修繕工事の無料診断、無料セミナー受付中。
その他、特殊工事などマンションの事ならジェイ・プルーフにご相談ください。

株式会社ジェイ・プルーフ

受付時間 平日 9:00~17:00