menu

大規模修繕お見積り用語集

  • 採用情報
  • 大規模修繕工事の裏話

アルコープとは?

読み方:あるこーぷ

アルコーブとは主に、マンションの廊下から扉に入る前に通る畳1畳ほど(マンションによって大きさは異なります)のスペースのことです。アルコーブがなぜ必要かというと、玄関の扉を開けた時に外に歩いている人と扉が、ぶつからないようにするためです。また、扉を開けた時に外から部屋の中が丸見えにならないようにするという役割も持っております。近年建てられたマンションでは、アルコーブが設けられている物件が多く、アルコーブに私有物(子供の自転車や傘など)を置いている居住者の方もたくさんいます。一見、自分の専有部分に見えるアルコーブは、実はマンションの共有部分にあたりますので、あまり物を置きすぎるとマンション管理会社の方に注意を受ける可能性がありますので気をつけましょう。

アルコープ

アルコープ


大規模修繕工事との関連性

大規模修繕工事とアルコープの関連性

大規模修繕工事をおこなう際、アルコープが設置されているマンションでは、その部分の修繕に関して区分所有者様によって意見が分かれるようです。アルコープはマンションの共有部分ですから、居住者が私有物を置く事は基本的に禁じられています。しかし、専有部分にも見えるので、私有物を置いて利用する居住者もいたりするので部屋毎にアルコープの経年劣化に差があります。アルコープの劣化がひどい部屋では大規模修繕工事の際に修繕費で補修をおこないたいのですが、劣化があまりない区分所有者様にとっては別の場所に大規模修繕費を利用したいと考えるでしょう。いろいろな考えを持つ区分所有者様がいるなか、優先順位をつけ、効率よく修繕積立金を使用するには第三者の目が必要です。弊社では、大規模修繕工事の施工をするだけでなく、区分所有者様の合意形成も含めたサポートが可能です。相談などは無料でおこなっておりますので、お気軽にご連絡ください。

お見積用語集一覧へ戻る

50音検索

50音順に用語一覧を表示します。

  • お見積り用語集
  • 採用情報

大規模修繕工事の無料診断、無料セミナー受付中。
その他、特殊工事などマンションの事ならジェイ・プルーフにご相談ください。

株式会社ジェイ・プルーフ

受付時間 平日 9:00~17:00