お見積り用語集

ケラバ金物とは?

読み方:けらばかなもの

一般住宅の三角形の屋根を想像してみてください。三角形に見える部分を正面とすると、その三角形の部分の左右先端をケラバといいます。また、三角屋根の側面の先端を軒先と呼びます。ケラバ金物はそのケラバに取りつける金物のことをいいます。ケラバ金物は建物を雨や風などから守るために非常に重要な役割を担っており、破損や経年劣化などすると雨漏りなどの原因となります。ですから、一般住宅の場合は、屋根の塗り替えや葺き替え工事などを行う際に、一緒にケラバ金物の交換もおこなってもらうと良いでしょう。また、ビルやマンションにもケラバがあればケラバ金物は使用されます。この場合は、大規模修繕工事をおこなう際に一緒に交換することをおすすめします。

ケラバ金物

ケラバ金物

アルファルトシングル

アルファルトシングル

大規模修繕工事とケラバ金物の関連性

三角屋根のシングル屋根張替の際や、塗替えの際には、防水層をしっかり押さえこみ、固定する役割として、ケラバ金物を交換する事が多く見受けられます。ケラバ金物は大規模修繕工事でも頻繁に使われています。大規模修繕工事は商業施設、工場およびビルなど様々な建物で実施されますが、私たちの身近な建物のひとつとしては、居住用マンションの修繕があげられるでしょう。取りつけの際は、高圧洗浄を行った後に古いものを取り外し、防水加工をおこないます。アスファルトシングルなどの屋根材を取り付けた後にケラバ金物を取り付けます。ケラバ金物の取りつけに不良がありますと、屋根材の下に雨水などが侵入し屋根が浮いてしまい、美観を損ねたり、長期的に考えると雨漏りの原因となります。

CONTACTお問い合わせ

大規模修繕工事の無料診断、無料セミナー受付中。
その他、マンションの防水工事、特殊工事のことならジェイ・プルーフにご相談ください。

受付時間平日 9:00~17:00

0120-142-017