menu

大規模修繕お見積り用語集

  • 採用情報
  • 大規模修繕工事の裏話

かぶり厚さとは?

読み方:かぶりあつさ

かぶり厚さとは、鉄筋コンクリート造の鉄筋からコンクリート表面までの最短距離(厚さ)のことを示します。
建築物の内部にある鉄筋は酸化しやすい性質を持っています。これに対してコンクリートはアルカリ性なので鉄筋を覆うことで鉄筋が錆びるのを防いでいます。しかし、外気の影響でコンクリートは次第に中性化してひび割れを起こし、そこから雨水などの水分が浸透して内部の鉄筋が錆びてしまいます。そのため、十分なかぶり厚さが鉄筋コンクリートの強度には必要となります。
詳細な鉄筋のかぶり厚さについては、建築基準法施行令にて最小のかぶり厚さが下記のように決められています。

【建築基準法施行令 第79条】
鉄筋に対するコンクリートのかぶり厚さは、耐力壁以外の壁又は床にあっては2cm以上、耐力壁、柱又ははりにあっては3cm以上、直接土に接する壁、柱、床若しくははり又は布基礎の立上り部分にあっては4cm以上、基礎(布基礎の立上り部分を除く。)にあっては捨コンクリートの部分を除いて6cm以上としなければならない。


大規模修繕工事との関連性

かぶり厚さ不足による鉄筋爆裂を大規模修繕工事で補修しよう!

マンションなどの鉄筋コンクリート造の建物は、基本的に建築基準法を守って設計されて建築されています。しかし、実際には施工不良によるかぶり厚さ不足がある場合があります。そのような不足部分は、新築当初では判明しにくく、経年によって内部鉄筋の錆びや膨張によって覆っているコンクリートが破裂すること(鉄筋爆裂)や浮きが発生することで判明することが多いのです。そのような鉄筋爆裂や浮きの部分は、外壁の剥落をまねくのでとても危険です。そこで、マンション大規模修繕工事の際にしっかりと補修するようにしましょう。そのためには事前の調査で熟練した診断士によってくまなく調べてもらうことが大切です。また、そのような熟練の診断士のいる大規模修繕会社をしっかりと選定することが、マンション大規模修繕工事を成功させるために重要なことになります。

お見積用語集一覧へ戻る

50音検索

50音順に用語一覧を表示します。

  • お見積り用語集
  • 採用情報

大規模修繕工事の無料診断、無料セミナー受付中。
その他、特殊工事などマンションの事ならジェイ・プルーフにご相談ください。

株式会社ジェイ・プルーフ

受付時間 平日 9:00~17:00