menu

大規模修繕お見積り用語集

  • 採用情報
  • 大規模修繕工事の裏話

アクリルエマルションとは?

読み方:あくりるえまるしょん

アクリルエマルションとは、アクリル樹脂を水に乳化・分散させたものです。アクリル樹脂とは、塗料に利用される合成樹脂の一つで、高い透明性と耐衝撃性があります。また、エマルションとは、水と混じりあわない合成樹脂などを水に分散させたもので、乳濁液とも言います。このアクリル樹脂をエマルションした状態の塗料のことを建築用語で「アクリルエマルション」、または「アクリル樹脂エマルション」といいます。
塗装で使用される塗料には、水で希釈する水性塗料と溶剤(シンナー)で希釈する溶剤系塗料があります。アクリルエマルションは、水性塗料の中でも多く使用されている塗料です。水性塗料は乾燥するときに固まりますが、蒸発するのが水なので溶剤(シンナー)に比べて無害といわれています。また、最近では添加剤として防腐剤や消泡剤、さらに防カビ剤や防汚剤といった多様な材料が組み合わされるようになり、塗料としての機能が高まっています。


大規模修繕工事との関連性

大規模修繕工事ではアクリルエマルションで塗装しよう!

以前より、塗料はシンナーなどで希釈する溶剤系塗料の方が長持ちするなどと言われてきました。しかし、現在では水性塗料の技術革新が進み、ほとんど耐用年数や性能は変わらなくなっています。
また、溶剤系塗料は、溶剤(シンナー)の蒸発によって塗料が固まって外壁にしっかりと付着します。しかし、この際に有害性のある溶剤が揮発することや臭いが強いことがあるので住人の方から問題視されることがあります。その点、水性塗料は揮発するのが水なので、比較的無害で安心できます。その為、マンション大規模修繕工事での塗装でもアクリルエマルション(アクリル系の水性塗料)が活躍しています。このアクリルエマルションは、耐アルカリ性の特徴があるのでコンクリート面などで広く利用されています。
大規模修繕工事では水性塗料が多く使用されますが、あらゆるところを塗装するので、事前にどのような塗料を使うのかを確認しておくと安心できるでしょう。

お見積用語集一覧へ戻る

50音検索

50音順に用語一覧を表示します。

  • お見積り用語集
  • 採用情報

大規模修繕工事の無料診断、無料セミナー受付中。
その他、特殊工事などマンションの事ならジェイ・プルーフにご相談ください。

株式会社ジェイ・プルーフ

受付時間 平日 9:00~17:00