menu

大規模修繕お見積り用語集

  • 採用情報
  • 大規模修繕工事の裏話

密着メッシュ工法とは?

読み方:みっちゃくめっしゅこうほう

密着メッシュ工法とは、均一になりにくいウレタン防水塗膜に対してメッシュシートを用いて補強することで均一な施工を行う工法のことです。ウレタン防水密着工法ともいい、呼び方は現場によって様々です。
施工に適している場所は、下地が複雑な形状であったり勾配があり塗膜の厚さが不均一になりやすい場所です。このような場所でウレタン防水塗装を行う場合にメッシュシートを使用することで継ぎ目のないシームレスな仕上がりになります。
主にマンション大規模修繕工事のベランダ・バルコニー・屋上などの平場(ひらば)を防水する際に密着メッシュ工法が用いられることがありますが、使用する塗料は有機溶剤のため施工中は臭います。塗料の臭いについて、事前に住人や周辺の方にお知らせしておくとよいでしょう。


大規模修繕工事との関連性

大規模修繕工事におけるウレタン防水(密着メッシュ工法)のメリット

マンションの大規模修繕工事では防水工事が欠かせませんが、防水にも種類がいくつかあり、その一つがウレタン防水密着メッシュ工法です。ウレタン防水にメッシュシートを用いて補強する工法なのですが、防水工事の中でもポピュラーな工法です。
ウレタン防水のメリットは、他の防水工法と比べ安価であること、既存の防水に重ね塗りができること、複雑な施工場所でも作業ができること、他の工法より比重が軽いので建物への負担が少ないことが上げられます。このようなメリットがあるので、大規模修繕工事ではウレタン防水が選ばれることが多いのですが、もちろんデメリットもあることを忘れてはいけません。それは、ウレタンの厚みは基本的には2㎜以上とされているのが一般的になっていますが、職人の手により塗る作業になるので、防水膜の厚さにムラが出やすくなる点です。そこで、弊社ではウレタンの厚みを均一にする超速硬化ウレタン塗膜防水を行うことができます。狭部には適していませんが、下地に凹凸がある場所にはリムスプレーを適用する事で均一な厚みの防水層にすることができます。
ウレタン防水はシート防水と比べて塗る職人の技術力によっても差がでますので、このような機械を使用することも均一な防水層をつくる一つの手段になります。

お見積用語集一覧へ戻る

50音検索

50音順に用語一覧を表示します。

  • お見積り用語集
  • 採用情報

大規模修繕工事の無料診断、無料セミナー受付中。
その他、特殊工事などマンションの事ならジェイ・プルーフにご相談ください。

株式会社ジェイ・プルーフ

受付時間 平日 9:00~17:00