menu

大規模修繕お見積り用語集

  • 採用情報
  • 大規模修繕工事の裏話

フッ素トップとは?

読み方:ふっそとっぷ

フッ素トップとは、建築上でフッ素樹脂を使用したトップコート(防水や塗装の表面に塗って保護をする仕上げ材)のことを示します。トップコートには、アクリルトップ・ウレタントップ・シリコントップ・フッ素トップなどの種類がありますが、その中でもフッ素トップは汚れに強く耐熱性・耐候性に優れており、耐用年数は10年以上と言われます。
フッ素トップは他の仕上げ材に比べると価格は高めですが、長期間のメンテナンスフリーになる利点があり、大規模修繕工事のように10~15年程の周期で行う場合にはとても有効な仕上げ材です。また、メンテナンス周期が長い為、長期的にみたライフサイクルコストの削減につながるなど、トップコートの中でも優れた仕上げ材と言えるでしょう。


大規模修繕工事との関連性

大規模修繕工事のトップコートにはフッ素トップを選択しよう。

大規模修繕工事の際には、防水工事を必ず行います。特に屋上やベランダなどの環境の影響を受け劣化しやすい箇所の防水工事は重要です。経年と共に以前のトップコートがはがれてしまい防水層を保護する役割を失ってしまっている場合では、紫外線や熱の影響を受けた防水層の劣化が進んでしまいます。そこで防水層の保護の為、トップコートの塗り替えを行ことが多いのです。
トップコートによく使用されているのは、アクリル系やウレタン系のトップコートなのですが、耐用年数が5年程度なので定期的メンテナンスが必要になってしまいます。そこで、耐用年数が10年以上のフッ素トップを塗布することで長期的にメンテナンスフリーとなり防水層の長期保護をすることができます。最近ではこのような優れた仕上げ材を選択することで経年による劣化を未然に防ぎ、長期的なコスト削減を行うマンションも増えています。

お見積用語集一覧へ戻る

50音検索

50音順に用語一覧を表示します。

  • お見積り用語集
  • 採用情報

大規模修繕工事の無料診断、無料セミナー受付中。
その他、特殊工事などマンションの事ならジェイ・プルーフにご相談ください。

株式会社ジェイ・プルーフ

受付時間 平日 9:00~17:00