menu

大規模修繕お見積り用語集

  • 採用情報
  • 大規模修繕工事の裏話

Uカットシーリングとは?

読み方:ゆーかっとしーりんぐ

Uカットシーリングとは、コンクリートに生じたひび割れを幅10mm、深さ10mm~15mmほどU字に掘削し、シーリングを充填する方法のことです。主に修繕工事などで、1mm幅以上のひび割れを補修する際に行われる工法です。この工法は、ひびに沿ってダイヤモンドカッターなどでU字に深くカットすることにより、シーリング材と躯体の接着面積が広くなり、ひびが挙動(振動などで動くこと)でズレが生じたり広がる場合に対して追従することができます。その為、同じ箇所が短期間に再びひび割れを起こさないようにする効果もあります。
Uカットシーリングは建築現場により呼び方(Uカットシール工法、Uカットシーリング材充填工法など)が様々ありますが、すべて同じ工法を示しています。

1.施工前

1.施工前

2.Uカット

2.Uカット

3.シーリング材充填

3.シーリング材充填

4.補修完成

4.補修完成


大規模修繕工事との関連性

大規模修繕工事におけるUカットシーリング工法の注意点

マンションの大規模修繕工事ではひび割れ補修は必須項目でもあります。コンクリートやモルタルのひびは、躯体を劣化させる大きな原因となる為、補修は欠かせません。そのひび割れの中でも雨漏りを起こしやすい1mm幅以上のひびを補修する際にUカットシーリング工法を用います。この工法でU字に躯体をカットする際には多量の粉塵が発生するので注意が必要です。通常、集塵装置付きカッターでカットするのですが、それでも粉塵が散る場合があるので防塵対策を行うようにしましょう。カット部分にも切粉が残るので清掃しシーリング材の密着性を損なわないように注意が必要です。もちろん、周辺の粉塵も清掃し住人に迷惑がかからないように注意しましょう。

お見積用語集一覧へ戻る

50音検索

50音順に用語一覧を表示します。

  • お見積り用語集
  • 採用情報

大規模修繕工事の無料診断、無料セミナー受付中。
その他、特殊工事などマンションの事ならジェイ・プルーフにご相談ください。

株式会社ジェイ・プルーフ

受付時間 平日 9:00~17:00