menu

大規模修繕お見積り用語集

  • 採用情報
  • 大規模修繕工事の裏話

面格子とは?

読み方:めんごうし

面格子とは、防犯対策として窓の外側に格子状の枠をかぶせて侵入を防ぐ部材のことです。
主な種類としては、「縦格子」「ヒシクロス格子」「桝格子」「横格子」「可動ルーバーの格子」などがあります。面格子の効果としては、それ自体が侵入を防ぐものでもありますが、見た目で面格子と分かるので侵入を試みる前の抑止効果もあります。空き巣被害は、侵入する時間に5分以上かかってしまうと半数以上あきらめるというデータもあります。この為、侵入しにくいという見た目だけでも防犯効果はありますが、面格子を付けていても壊されて侵入されてしまうケースもあります。より防犯対策を強化するためには、強度の高いステンレスやヒシクロスの面格子を取り付け、窓ガラスも防犯ガラスにするなどの対策を行うとよいでしょう。

面格子(ヒシクロス)

面格子(ヒシクロス)

面格子(縦格子1)

面格子(縦格子1)

面格子(縦格子2)

面格子(縦格子2)


大規模修繕工事との関連性

大規模修繕工事では面格子のチェックと防犯対策をしよう!

マンションの共用廊下に面している窓には防犯対策として面格子がよく取り付けられています。大規模修繕工事の際には、この面格子を一旦取り外し、窓枠周辺のシーリング打ち替えを行います。ここで大切なことは復旧する際に傷などの損傷があるかどうかをチェックすることです。損傷や経年による劣化が目立つようであれば、交換や塗装を行う必要もでてきます。コストが高くなるため格子の修繕を敬遠することも管理組合によってはありますが、損傷や劣化があれば、それだけ防犯の役割を損なうことにもなりますので、補修することをおすすめします。
また、修繕工事時に一旦面格子を取り外している間、窓は無防備の状態ですので、外部からの侵入などに注意する必要があります。工事中は足場が設置されていますので、足場からの侵入にも注意を置くことが重要です。
面格子の工事の際には、劣化チェックと工事中の防犯対策を十分に行うとよいでしょう。

お見積用語集一覧へ戻る

50音検索

50音順に用語一覧を表示します。

  • お見積り用語集
  • 採用情報

大規模修繕工事の無料診断、無料セミナー受付中。
その他、特殊工事などマンションの事ならジェイ・プルーフにご相談ください。

株式会社ジェイ・プルーフ

受付時間 平日 9:00~17:00