menu

大規模修繕お見積り用語集

  • 採用情報
  • 大規模修繕工事の裏話

ケレン(塗膜剥離)とは?

読み方:けれん(とまくはくり)

建築用語でケレン(塗膜剥離)とは塗装を行う前に塵や錆を落とす作業のことを意味します。この作業を行うことで以前に行った塗装を落とし、滑らかで均一に塗装をすることが可能になります。ケレンには4段階の方法があります。第4段階は研磨布を使って手で磨く作業で、ほこりや汚れを除去します。第3段階はブラシなどの手で使う工具を利用した作業で、錆と塗膜を落とすことを目的にしています。第2段階は電動工具を使って錆や塗膜を落とす作業です。第1段階はサンドブラストや塗膜剥離材を使用して完全に下地が見える状態にすることです。この中では、当然第1段階が一番高度な作業になります。高度な作業は時間もかかり費用もその分多くかかりますので用途によってどの段階までケレンをするか判断が必要です。

ケレン(塗膜剥離)

ケレン(塗膜剥離)

関連動画


大規模修繕工事との関連性

大規模修繕工事でのケレンの重要性!ケレンで新しい塗装の寿命が変わります。

大規模修繕は外壁塗装が中心の工事になります。新しい塗装を行うとき、その塗料の性能を十分に引き出すために、ケレンは非常に重要な作業の一つです。古い塗膜が残ったまま新しい塗装を行ってしまうと、塗料本来の機能を十分に引き出すことができず、耐用年数も短くなってしまいます。本来であれば100%ケレン(以前の塗膜を完全に除去する方法)を行い塗装するのが理想ですが、作業に時間がかかる分、費用負担も大きくなります。大規模修繕工事を行う際に、このケレンをどこまで行うかを明記せずに見積もりを提出する業者もあります。値段や塗料に目がいきがちですが、ケレンは大切な作業のひとつなので、どこまで行うかにも注目してみてください。弊社では、ケレンを行う際に高圧洗浄車や目荒らし機など水圧で作業する工事を行っております。通常のケレンと違い、剥離剤などの薬品をほとんど使わないため、独特な臭気でご迷惑をおかけすることがなく作業ができます。
外壁に何度も塗装材の塗り重ねをすると建物自体の重量が大きくなってしまうため、100%全ケレン後に塗装などの仕上げ材を塗布する使用をおすすめします。

お見積用語集一覧へ戻る

50音検索

50音順に用語一覧を表示します。

  • お見積り用語集
  • 採用情報

大規模修繕工事の無料診断、無料セミナー受付中。
その他、特殊工事などマンションの事ならジェイ・プルーフにご相談ください。

株式会社ジェイ・プルーフ

受付時間 平日 9:00~17:00