menu

大規模修繕お見積り用語集

  • 採用情報
  • 大規模修繕工事の裏話

ウレタン樹脂とは?

読み方:うれたんじゅし

建築塗装の際に使われる、ウレタン樹脂の塗料は耐候性が高く独特の光沢があります。また、摩耗にも強く、密着性が高くてはがれにくいので、細かい部分の塗装にもよく使われています。さまざまな素材との相性が良いのも特徴です。一般的にウレタン塗装はアクリル塗装と比較して2倍程度長持ちするといわれています。ウレタン樹脂の塗料には1液タイプと2液タイプがあり、これまでは原液のなかに硬化剤入れる2液タイプが用いられることが多かったのですが、最近はそのまま塗る1液タイプの使用が増えているようです。2液タイプは時間とともに硬化が進むため、職人の技量によって仕上がりに差が出やすいとされています。それに比べ1液型のポリウレタン樹脂塗料は、比較的使いやすく耐久性に優れているので、最近ではこれを利用する業者が増えています。

ウレタン塗膜防水

ウレタン塗膜防水

超速硬化ウレタン塗膜防水

超速硬化ウレタン塗膜防水


大規模修繕工事との関連性

ウレタン樹脂塗料の特徴と大規模修繕工事での塗料選択

ウレタン樹脂は大規模修繕工事の際、屋上、庇(ひさし)、共用階段、バルコニーなど、防水機能をもたせる場所に使用されます。ウレタン樹脂塗料は、バランスのとれた性能でアクリル樹脂より耐久性が高い材料です。1度塗ると塗替え目安は、7~10年と言われています。その他の塗料としては、アクリル樹脂(安価で幅広く使われています。塗替え目安は、5年~7年で耐久性はやや低い)、シリコン樹脂(耐候性、耐熱性に優れています。塗替え目安は、10年~12年です)、ふっ素樹脂(高耐久性ですが価格は高い)などがあります。大規模修繕工事は10年に1度の目安で行われることから、より耐候性の高い材料が求められる傾向にあり、現在は、ウレタン樹脂やより高機能なシリコン樹脂が主に使われています。最終的にどの塗料を選択するかは、耐久性、機能性、予算のバランスを考え判断します。
ジェイ・プルーフでは超速硬化ウレタン塗膜防水での仕様を標準としています。

お見積用語集一覧へ戻る

50音検索

50音順に用語一覧を表示します。

  • お見積り用語集
  • 採用情報

大規模修繕工事の無料診断、無料セミナー受付中。
その他、特殊工事などマンションの事ならジェイ・プルーフにご相談ください。

株式会社ジェイ・プルーフ

受付時間 平日 9:00~17:00