menu

大規模修繕お見積り用語集

  • 採用情報
  • 大規模修繕工事の裏話

爆裂(鉄筋爆裂部)とは?

読み方:ばくれつ(てっきんばくれつぶ)

建築物が古くなってくるとコンクリートの壁面にも亀裂が発生していきます。発生した亀裂には水や空気が侵入しやすくなり、その為、内部の鉄筋が次第に発錆します。発錆とは化学的に酸素と結合する現象ですので、鉄筋は酸素を取り込んだ分、質量が増加し体積を膨張させます。この鉄筋の体積増加によってコンクリートは内部から破裂します。この現象を爆裂と呼び、破裂した部分を鉄筋爆裂部と呼びます。
鉄筋爆裂部の補修は爆裂した部位のコンクリートを破砕、できるだけ鉄筋を露出させた後に錆びている部分を落とし、浸透性防錆剤を塗布し、防錆ペーストで鉄筋表面を処理後、接着性が高い樹脂モルタルで再度塞ぐ方法が用いられています。但し、殆どのケースとして鉄筋が爆裂している箇所は1箇所だけに留まることはなく、建物全体の強度が著しく不足している可能性がある為、まずは専門家による安全性の確認をしてください。


大規模修繕工事との関連性

鉄筋爆裂部をみつけたら、大規模修繕工事の点検依頼をしましょう。

亀裂からコンクリート内部に侵入した雨水などにより中性化が進み、内部鉄筋が錆びて膨張することにより発生する鉄筋爆裂部は建物の劣化と共に生じます。建物の劣化は避けられませんが、このような爆裂や劣化を放置すると崩落・給排水管の損傷・電気系統の故障などにも繋がり躯体内部の鉄筋にも大きな被害が出てしまう為、定期的な大規模修繕工事による補修が必要となります。
鉄筋爆裂部の補修の場合、まずケレン清掃で錆びを落とし、プライマー塗布、エポキシ樹脂モルタルでの成形という手順で補修していきます。また、爆裂の原因となるひび割れが周辺部にある場合は、小さいものも見逃さず補修します。このように鉄筋爆裂部など建物の破損を見つけたら、早めに大規模修繕工事業者に点検を依頼しましょう。

お見積用語集一覧へ戻る

50音検索

50音順に用語一覧を表示します。

  • お見積り用語集
  • 採用情報

大規模修繕工事の無料診断、無料セミナー受付中。
その他、特殊工事などマンションの事ならジェイ・プルーフにご相談ください。

株式会社ジェイ・プルーフ

受付時間 平日 9:00~17:00