menu

大規模修繕お見積り用語集

  • 採用情報
  • 大規模修繕工事の裏話

塗膜(脆弱塗膜)とは?

読み方:とまく(ぜいじゃくとまく)

塗膜とは外壁や屋根に塗られた塗料によってつくられた膜のことを言います。また、この塗膜が古くなり本来の効果を果たさなくなった状態を脆弱塗膜といいます。壁に塗料を塗る効果として考えられることは、「美観アップ効果」「防水効果」「遮熱・断熱効果」「防汚・防カビ・抗菌効果」などがあげられます。一般住宅やマンションなどの建物で、特に脆弱塗膜に気をつけなければならないのは外壁です。外壁の塗膜が脆弱すると美観が衰えるだけでなく、雨漏りなどの原因となり建物の躯体に危険を及ぼす可能性があります。外壁塗装は塗料の耐用年数により異なりますが、おおむね5年~15年に一度塗替えが必要です。その際には、脆弱塗膜をしっかり剥がしてから塗替えることで、新しい塗膜の性能も高まり長持ちします。


大規模修繕工事との関連性

大規模修繕工事では脆弱塗膜の剥離率に目を向けよう!

マンションやビルなど鉄筋コンクリートの建物は、約10年前後で外壁が脆弱していきます。大規模修繕工事では、外壁の脆弱塗膜を剥がし、新しい塗膜をつくる(外壁を塗装する)ことで建物の寿命を延ばします。この時に重要なのは、脆弱塗膜をどこまで綺麗に剥がすかです。脆弱塗膜を剥がすことを「塗膜剥離(又はケレン)」といいます。どこまで塗膜剥離を行うかは、物件所有者様の予算との兼ね合いもありますが本来であれば100%剥がしてから行うことが理想です。外壁についている塗膜を完全に剥がさない状態で新しい塗装をおこなってしまうと、新築の時とくらべ外壁に塗られている塗膜が重く(古い塗膜+新しい塗膜)なり塗装が早く剥がれる原因となります。大規模修繕工事のお見積もりをみる際は、塗料の種類だけに目を奪われず、何%の塗膜剥離を行う工事なのかもしっかり確認しましょう。
ジェイ・プルーフの塗膜剥離(外壁)
ジェイ・プルーフの塗膜剥離(鉄部)
塗膜剥離(外壁)の動画はこちら
塗膜剥離(鉄部)動画はこちら

お見積用語集一覧へ戻る

50音検索

50音順に用語一覧を表示します。

  • お見積り用語集
  • 採用情報

大規模修繕工事の無料診断、無料セミナー受付中。
その他、特殊工事などマンションの事ならジェイ・プルーフにご相談ください。

株式会社ジェイ・プルーフ

受付時間 平日 9:00~17:00