menu

大規模修繕お見積り用語集

  • 採用情報
  • 大規模修繕工事の裏話

伸縮目地とは?

読み方:しんしゅくめじ

コンクリート製の建築物の各部分では真夏、真冬の温度差によって大きく膨張、収縮が発生します。また、地震による振動は建物の各部分を大きく動かします。仮に建物が一枚のコンクリートであった場合にこれらの力が加わると、建物は力に耐えることが出来ずに各所にひび割れを生じます。伸縮目地はこの力を吸収する為に建物の中でコンクリートを一定区画ごとに区切り、その境界線に伸縮しやすい素材で繋いだ目地のことを指します。収縮目地は外壁や屋上など、コンクリート、タイル、モルタルなどが利用されている各所で利用されていることが見受けられます。また、建築後の建物に想定外のひび割れが生じた場合は、ひび割れが発生した部分のコンクリートをカットし、後から伸縮目地を作る方法が用いられることもあります。

共用廊下伸縮目地

共用廊下伸縮目地

屋上伸縮目地

屋上伸縮目地


大規模修繕工事との関連性

大規模修繕工事で伸縮率を回復!伸縮目地を取りかえよう。

大規模修繕工事での伸縮目地は、屋上や外壁などの外気にふれ温度変化の大きい場所の目地として利用されます。コンクリート構造物は、温度による伸縮や外荷重により、変形し伸縮します。そうした場合に、収縮力の弱い目地(経年劣化より古くなった目地)を使い続けると、隙間が空きその隙間から、雨水や紫外線が侵入しやすくなります。伸縮目地は、このようなコンクリート構造物の雨水や紫外線の侵入を防止します。また、一定区画ごとに伸縮材料を利用した目地を設けることで、コンクリート構造物の変形を吸収する役割を果たしています。大規模修繕工事時での、屋上や外壁などの工事については、防水補修だけでなく、伸縮目地を取り替えることで高い圧縮回復率を維持させコンクリートと目地の間に隙間ができないようにします。

お見積用語集一覧へ戻る

50音検索

50音順に用語一覧を表示します。

  • お見積り用語集
  • 採用情報

大規模修繕工事の無料診断、無料セミナー受付中。
その他、特殊工事などマンションの事ならジェイ・プルーフにご相談ください。

株式会社ジェイ・プルーフ

受付時間 平日 9:00~17:00