menu

屋上工事用転落防止仮設手摺
JPスタンション

屋上工事用転落防止仮設手摺
JPスタンション

取付簡単で事故率0%の実績!

  • 防水工事
  • 看板サイン工事
  • 携帯基地局設置工事

などの用途に!

JPスタンション 4大特長

  1. エレベーターに入る、軽量コンパクト設計
  2. 取付簡単。オプション豊富で場所も選ばす設置可能
  3. 外周足場なしで屋上工事が可能。コストダウンに期待
  4. 掴みボルトを2本にする事でダメ作業が不必要

JPスタンションの必要性

従来工法である親綱スタンションでは、後方歩行しながらの作業などに集中していると誤って転落する恐れがありました。命綱により最悪の事態は免れることはありますが、転落自体を防止できれば安全性は格段にアップします。そこで開発されたのがJPスタンションです。屋上作業などでこの商品を取り付けることにより転落防止事故率は現在0%となっています。

親綱スタンション
JPスタンション
特長1
エレベーターに入る、軽量コンパクト設計

掴み金具12kg。伸縮手摺枠9.5kgと現場の方が1名でも持てる重さとなっております。
また、伸縮手摺は折り畳み可能でコンパクト設計。エレベーターでの運搬が可能です。

伸縮手摺枠
掴み金具
特長2
取付簡単。オプション豊富で場所も選ばす設置可能

掴み金具および伸縮手摺枠ともに、伸縮により様々な場所で設置可能です。
また、取付も作業員1名で簡単にできるよう工夫されています。

JPスタンション 姿図
伸縮手摺枠
1500~1860mmに伸縮可能
掴み金具
パラペット幅100~450mm に対応
立上り高さ100mm~ に対応
作業員1名で設置可能
特長3
外周足場なしで屋上工事が可能。コストダウンに期待

通常、屋上防水工事などは大規模修繕工事など外周足場を設置する際に一緒におこなう事が多いですが、塗装と防水では耐用年数が違ったり、外部環境(雨、風や紫外線など)によって劣化具合が異なります。

JPスタンションがあれば、屋上防水が必要なタイミングに合わせて単体で工事ができますので、防水寿命や劣化具合に合わせて効率的に工事をすることが可能です。

特長4
掴みボルトを2本にする事でダメ作業が不必要

掴みボルトが1本のスタンションを使用した場合、ボルト部分の防水だけスタンションを外した後に行わなければなりません。転落防止の安全性も、ボルト部分の防水時にはスタンションを取り外しますから完全ではありません。

JPスタンションは掴みボルト2本を1本づつ交互に使用することで、スタンションを取り外さないで全ての防水作業を終わらせる事ができます。また、本商品独自のボルト開発により、防水層に跡がつかないように工夫されているため、ダメ作業なく工事を完成することができます。

掴み金具 部品図
掴みボルト1本で使用可能(ダメ作業が不要)
  • お見積り用語集
  • 採用情報

大規模修繕工事の無料診断、無料セミナー受付中。
その他、特殊工事などマンションの事ならジェイ・プルーフにご相談ください。

株式会社ジェイ・プルーフ

受付時間 平日 9:00~17:00