menu

大規模修繕お見積り用語集

  • マンション管理組合向け大規模修繕工事
  • 求人情報

ルーフドレンとは?

読み方:るーふどれん

ルーフドレンとは、ベランダや陸屋根などから雨水を排水するために作られる、排水口に取りつけられる金物の事をいいます。ルーフドレンの役割は、雨水が排水口と排水管(雨樋)の接合部から漏水しないように防水性能を高める役割と、枯葉などが排水口に侵入することを防ぐことで水のつまりを防ぐ役割があります。ルーフドレンにはタテ型ルーフドレン、ヨコ型ルーフドレンおよび排水口ドレンなどがあり、使用目的により使い分けます。以前は材質として鉄製のものが多く利用されておりましが、鉄は経年劣化による腐食速度が速いため、最近では耐食性に優れたステンレス製のものが多く利用されるようになっています。また、経年劣化により、排水口と排水管の接合部が剥がれると漏水の原因になりますので、定期的な点検や交換をすることをおすすめします。

屋上ルーフドレン(縦型)

屋上ルーフドレン(縦型)

屋上ルーフドレン(横型)

屋上ルーフドレン(横型)

ベランダ ルーフドレン

ベランダ ルーフドレン

廊下排水口ドレン

廊下排水口ドレン


大規模修繕工事との関連性

大規模修繕工事とルーフドレンの関連性

マンションの大規模修繕工事では、ルーフドレンが設置されている屋上(陸屋根)、ベランダ、廊下の建物診断を必ず行います。ルーフドレンは経年劣化により、ルーフドレン自体が劣化することや、排水口と排水管の接合部が剥がれる事により漏水の原因となる場合があります。ですから、建物診断時には一緒に点検をしてもらう事をおすすめします。大規模修繕工事は約10年に一度行われる工事ですから、修繕予算に余裕があれば新しいものに交換したほうが良いでしょう。交換が難しい場合は、防水性能について点検をしてもらい、必要な補修をしてもらってください。ジェイプルーフでは、お客様の修繕予算を考慮にいれ、劣化状況や優先順位を考えて、お客様目線で最適な大規模修繕工事をご提案しております。

お見積用語集一覧へ戻る

50音検索

50音順に用語一覧を表示します。

  • お見積り用語集
  • 採用情報

大規模修繕工事の無料診断、無料セミナー受付中。
その他、特殊工事などマンションの事ならジェイ・プルーフにご相談ください。

株式会社ジェイ・プルーフ

受付時間 平日 9:00~17:00